本文へ移動

院内設備

 外観です。隣の森(1キロ公園)の中に溶け込み、馴染む事を意識したデザインになっています。
 待合室です。月1回程度でコンサートを予定しています。吹き抜けですので音が良く響きます。また中央にある大きなデジタルポスター(テレビ画面)より、最新の医療情報を随時お伝え致します。
 プレイルームです。お子様連れの患者様は一度受付にお声かけ頂いてから御利用ください。なるべく安全・快適に過ごせるように設計しています。
 当院では、無料 Wi-Fi をすべての患者様に開放しています。どうぞ御利用ください。
 
 
画像検査
 1.5テスラのMRIです。従来型と比べますと撮像時の騒音は10分の1に低減されたモデルで、患者様の負担軽減に努めています。MRIは今や脳の病気の診断には必須の機械となっています。
 MRIとCTの大きな違いは、MRIは機械に大きな磁石が組み込まれているため体内金属(ペースメーカー、人工弁など)は撮影ができないということです。見えるものとしては、MRIは脳の病気(脳梗塞、認知症、脳動脈瘤)は見やすいものが多く、CTは頭のケガ(出血など)の時に見やすい事が多いです。
 マルチスライスのCTです。
 当院では、MRIとCTの検査が可能です。CTは数十秒での撮影ができますので閉所恐怖症の方でも撮影できる事がほとんどです。当院では脳の画像は当日に結果説明致します。脳以外(胸・腹部など)の画像は、放射線科の診断専門医が翌日までに画像チェックします。
 超音波検査の機械です。
超音波検査はエコー検査と同じ意味です。頚部・腹部・心臓などが検査できます。脳梗塞などの脳の病気の原因として、首の血管に異常がある方も多いです。MRIやCTで見えない病気が見える場合があり、重要な検査機械です。
 レントゲンの機械です。
 当院ではアームが回転するユニバーサルタイプを採用しています。短時間で簡便で撮影でき、外傷(ケガ)や、被爆が気になる方で撮影することが多いです。頭のレントゲンでは、頭蓋骨骨折の診断の助けにはなりますが、脳の中の状態まではわかりません。外傷で脳の中を検査する場合は、CTやMRIを撮影します。
 
 
リハビリ機器
 ウォーターベッドです。慢性的な痛みを緩和するために使用します。4つの水圧ノズルで異なる2つの部位を同時にマッサージできます。高評価を頂いており、非常に人気の機械です。
 神経に対する電気刺激装置です。IVES(アイビス)という製品です。主に、脳卒中、脳の外傷後、脊髄損傷の方が適応となります。
 弱っている神経に流れる微弱な電流を増幅したり、神経に電流を流しながら四肢(特に手)を動かす事で、どの筋を意識するかがわかりやすくなったりします。
 電気刺激療法で痛みをやわらげる機械です。低周波、干渉波、中周波のすべてが可能な複合機となっています。
 
電子カルテの導入
 当院では電子カルテを導入しています。電子カルテを利用することで、患者様の診療情報をしっかりと管理し、かかりつけ医として「寄り添う医療」を目指しています。MRIやCT、レントゲンの画像もパソコンの画面で見ることで拡大や視点の変更も容易にでき、より分かりやすく、より詳しくお伝えすることができます。また、会計時に患者様をお待たせする時間の短縮にもつながります。
 
音楽のコンサート会場として
 クリニックの待合ホールをコンサート会場として利用しています。40席程度設けています。備え付けのグランドピアノも利用して月1回程度のコンサートを行っています。ピアノは、カワイ楽器のシゲル・カワイ モデルです。豊かでエレガントな音色を奏でます。
診療時間
8:30 ~ 12:00
15:00 18:30
/ /
 
 休診日 ・・・ 日曜日、祝日、年末年始
佐藤脳神経外科
 〒440-0011                   診療内容                   休診日
 愛知県豊橋市牛川通1丁目21-7             脳神経外科・脳ドック              日曜日・祝日・年末年始
 TEL: 0532-69-2760                内科・外科・放射線科              
 FAX: 0532-69-2761                リハビリテーション科
                        
診療時間                      院内設備
   午前8:30 - 12:00                 MRI
   午後15:00 - 18:30                 マルチスライスCT
                             レントゲン撮影装置
                           超音波診断装置(エコー)
TOPへ戻る